ここから本文です

裁判員裁判が始まった日…死刑判決、今までいくつ? 有罪9744人、無罪は66人 相模原事件も裁判員に

5/21(日) 7:00配信

withnews

 5月21日は裁判員裁判がはじまった日です。2009年のことでした。裁判に市民感覚を反映し、司法への信頼を高めるのが狙いでした。2017年3月までに有罪9744人、無罪66人の判決が出されました。20歳以上なら選ばれる可能性がある裁判員。これまでどんな大事件が審理されたのか? 死刑判決は? 歴史を振り返ります。

【画像】裁判員だけがもらえるバッチ…「サイバンインコ」着ぐるみの鳩山法相

初の判決は2009年8月

 裁判員裁判で初の裁判が終了したのが2009年8月6日のことでした。

 東京都足立区で自宅の斜め向かいに住む女性(当時66)をナイフで刺殺したとして殺人罪に問われた裁判でした。

 裁判員6人と裁判官3人が一緒に話し合い、懲役15年の判決が言い渡されました。

 補充裁判員1人を加えた7人は30~60歳代で、4人が女性。会社員や栄養士など職業は様々。

 判決後の会見で、裁判員になった女性は「いろんな立場で考えることができ、いい経験になった」。別の女性は「最後までこれでよかったのか分からない」と話していました。

「捜査が粗い」一部無罪

 2010年6月9日には、裁判員裁判で初めて一部、無罪の判決が下されました。

 別の少年とともに東京都内でひったくりを繰り返したなどとして、四つの事件で強盗致傷や窃盗、詐欺の罪に問われた男(20)=事件当時19歳=について、東京地裁立川支部の福崎伸一郎裁判長は、詐欺について無罪、強盗致傷についてもより罪が軽い窃盗罪を適用し、懲役3年、保護観察つき執行猶予4年(求刑懲役7年)を言い渡しました。

 判決後、会見に応じた裁判員の女性会社員は「警察の捜査が粗く、検察の詰めも甘かった」。会社役員の女性は「確保できたはずの証拠が確保されていない。私たちは与えられたもので判断するしかない」と話していました。

強制わいせつ致傷事件で厳罰

 2010年5月19日には、判決が求刑を初めて上回りました。

 強制わいせつ致傷罪に問われた被告の裁判員裁判で、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)は、検察側が求刑した懲役7年を上回る同8年の判決を言い渡しました。

 判決によると、被告は、さいたま市内で、自転車の女性を引きずり倒してわいせつな行為をし、右ひじなどに全治約8日のけがをさせました。

 裁判員6人のうち女性は1人。裁判員を務めた40代の男性会社員は判決後「犯行の具体的な状況が判断に影響した部分もある」と話しました。

相模原殺傷事件も

 最高裁によると、2017年3月までに、裁判員裁判で30の死刑判決が下されています。

 今後は、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者など46人が殺傷された事件で、裁判員裁判が開かれる見込みです。裁判員裁判では刑事責任能力の有無が最大の争点になりそうです。

最終更新:5/21(日) 7:00
withnews