ここから本文です

村田「最高に楽しみたい」初の日本人金メダリスト載冠へ 笑み浮かべKO宣言!

5/19(金) 6:02配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBA世界ミドル級王座決定戦」(20日、有明コロシアム)

 ボクシング・トリプル世界戦の調印式が18日、都内で行われた。日本人五輪金メダリスト初の世界王座獲得を目指す村田諒太(31)は大舞台を「楽しみたい」と超前向きだった。比嘉大吾(21)、拳四朗(25)と世界初挑戦トリオが全員勝ち、同日、名古屋で行われるWBO世界ライトフライ級タイトルマッチで田中恒成(21)=畑中=が防衛に成功すれば、日本ジム所属の現役世界王者は史上最多の13人となる。

【写真】前哨戦は村田の勝利? 対戦相手に「思ったよりも小さい」

 調印式と記者会見は報道陣、関係者合わせて150人と、ものものしかった。村田は終始穏やかな笑みを浮かべ、時には笑い声も漏らした。自分が主役の大イベントを楽しんでいるよう。実際「世界戦ですので楽しみ」と、あまり使わなかった言葉も飛び出した。

 会見ではエンダムから「村田は金メダリストで尊敬している。プロでも12勝しているが、今度の相手はアッサン・エンダムだ」とジャブをもらった。対して村田は「倒して勝つことだけを考えている。テレビで見た素晴らしい選手と闘えるのはうれしい。最高に楽しみたい」と、KO宣言でお返しだ。

 ジムに戻り最終調整を済ませると、体重はリミット(72・5キロ)だった。「軽く食べられますね」と、ここでも笑顔を見せた。

 多くのファンの応援とともに毎回多くのスポンサー企業が付くが、今回はキャリア最多の17社のバックアップを得た。勝つことこそ最大の恩返し、を改めて肝に銘じているはずだ。