ここから本文です

ソックリ?いっこく堂が小室圭さんを珍祝福

5/19(金) 11:00配信

東スポWeb

 秋篠宮家の長女・眞子さま(25)と婚約する大学時代の同級生・小室圭さん(25)が17日、初めての会見に単独で臨んだ。そこで見せたさわやかで誠実な人柄に注目が集まったが、フィギュアスケートの宇野昌磨(19=中京大)、腹話術師・いっこく堂(53)にソックリだと話題になっている。思わぬ形で名前が挙がったいっこく堂は「恐れ多い」と恐縮しつつ、お2人に芸を披露・伝授することを約束。結婚生活と仕事をうまくこなすコツも「腹話術で」とアドバイスを送ったうえで、小室さんに「二代目いっこく堂を名乗って!」と提案した。

 突然の婚約報道から一夜明けた17日朝、小室さんは勤務先の都内の法律事務所で会見に応じた。眞子さまとは同日早朝に「行ってきます」「行ってらっしゃい」と電話で話したことを明かすなど親密な様子をうかがわせた。

 多くの質問に「申し上げる時期がまいりましたら、お話ししたい」とかわす場面も見られたが、100人を超す報道陣を相手に約5分間も堂々と対応。多くの国民から「しっかりした男性」と好感をもって受け入れられた。

 一方で、注目の2人が「誰に似ている?」との話題もネットを席巻している。

「眞子さまは五輪4連覇で国民栄誉賞に輝いたレスリングの伊調馨に似ていらっしゃると評判です。小室さんはフィギュアスケートの宇野昌磨選手や、いっこく堂に似ているという声が多いですね」(皇室ウオッチャー)

 そこで本紙は早速、地方滞在中のいっこく堂に“直電”した。

「昨日(16日)の夜にテレビで見て婚約のニュースにびっくり。何よりおめでたいという気持ちになりました」と声を弾ませたいっこく堂は、会見での小室さんの印象を「大人っぽくてマジメ。大変だったと思いますが、一生懸命答えられている様子がすてきでした」。

 小室さんの会見が報じられた直後、実の娘から「『いっこく堂に似てる』とネットに書かれてるよ」とLINEが届いたという。

 これには「うれしいですよ、やっぱり!」と喜んだものの「同時に申し訳ないです。僕は今月27日で54歳になりますからね。僕が30歳上の80歳の方に似てると言われたら複雑ですし…(笑い)。劇団(民藝)にいたころの若い自分に雰囲気は似てると思いますが、大きく違う点は、むこうには気品があるところ」と恐縮しきりだった。

 これまで俳優・北村一輝(47)にも似ていると言われてきたそうだが「あんな二枚目と似ているなんて、ファンの方に攻撃されちゃいます」と困惑している。

 意外と(?)イケメン系の顔立ちなことがわかったいっこく堂は腹話術のみならず、モノマネも得意だが、小室さんのモノマネは「さすがにレパートリーには入れられませんよ!」とリストから早々に除外。しかし、自らの芸を伝授することはやぶさかではない。

「ご要望があれば、小室さんに腹話術のやり方を伝授いたします。モノマネやバイオリンが得意な芸達者と聞いてますからのみ込みも早いはず。僕も25歳で結婚したのですが、夫婦生活に腹話術って役立つんですよ。喧嘩したら腹話術で『ゴメンネ』(編集注※電話口で甲高い声で)ってやればなごみま
す。“笑う門には腹話術”です。小室さんに『二代目いっこく堂』を名乗っていただいても構わない」と“襲名”まで提案した。

 さらに、小室さんが目指す国際弁護士としての仕事にも腹話術が有効とも主張。「判決が下される前に『NOT GUILTY(無罪)』(編集注※甲高い声で)とやれば、裁判長もビックリして、有利な判決を導けます」と提案したが、こちらは「?」マークだ。

 いっこく堂は「絶対ないと思うけど(眞子さま、小室さんから)オファーがあれば喜んでネタを披露します。ニューヨークからの衛星中継ネタもバンバンとやりますよ」と腕をぶしていた。

 ロイヤルカップルのおめでたいニュースはいっこく堂にも追い風になりそうだ。

最終更新:5/19(金) 11:13
東スポWeb