ここから本文です

福生市で初夏の風物詩・ホタルの鑑賞と水辺散策 夕食に舟盛りと特製御膳も /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/19(金) 9:00配信

 福生市観光案内所「くるみるふっさ」(福生市本町、TEL 042-530-2341)が6月16日、ホタル講座と新鮮ないけす料理が楽しめる「ホタル観賞と水辺のお散歩ツアー」を開催する。(西多摩経済新聞)

 福生市では、市内にあるホタル公園を中心に初夏の風物詩のホタルを見ることができ、毎年開かれる「ほたる祭り」には市内外から多くの来場者が訪れる。

 季節に応じた、さまざまなガイドツアーを実施している同案内所。今回はホタルの観賞を目玉に、散策ツアーとして企画。福生駅を出発後、清岩院、中福生公園、せせらぎ遊歩道公園と「福生水辺の散策ルート」を歩いた後、東日本最大級のいけすを持つ「浜膳」で舟盛りと特製御膳の夕食を取る。食後は福生ホタル研究会によるホタル講座を聴いた後、福生ほたる公園で無数に舞うホタルを鑑賞する。

 開催時間は17時~20時。参加費は2,500円。定員は15人。申し込み締め切りは6月10日。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/19(金) 9:00

みんなの経済新聞ネットワーク