ここから本文です

北本自然公園で捕獲、特定外来種の女王蜂 環境省で本州定着調査 埼玉

産経新聞 5/19(金) 7:55配信

 北本市の北本自然観察公園で捕獲された特定外来生物のセイヨウオオマルハナバチの女王蜂について、環境省が野外での定着の可能性を調査するため、県自然学習センターに標本の提供を要請していたことが18日、分かった。定着が確認されると、本州以南では初めてとなるという。同センターは環境省側の準備が整い次第、女王蜂を提供する方針。

 同省外来生物対策室によると、トマトなどの受粉昆虫として用いられるセイヨウオオマルハナバチは北海道のように涼しい環境のヨーロッパ産で、国内では本州以南では定着が確認されていない。捕獲されたハチが女王蜂で越冬した個体であれば、野外に定着している可能性がある。このため同省は「定着が疑われる以上、解剖して確認したい」と同センターに協力を求めた。

 解剖するには保存状態が問題になるが、同センターは標本展示をするため、9日午後3時ごろに女王蜂を捕獲した後、マイナス20度以下で冷凍保存。良好な保存状態だった。

 同対策室によると、セイヨウオオマルハナバチの女王蜂は交尾後に越冬するとされる。このため、解剖では貯精嚢(ちょせいのう)内の精子を調べて交尾済みかどうかを確認。その他の指標と合わせて、総合的に越冬の有無を判断することになるという。

 同対策室の担当者は「埼玉の平野部で越冬できるなら、もっと広範囲で越冬している可能性がある。貴重なサンプルなので、確認できるものは全てしたい。乾燥させず、冷凍保存にしていただいてよかった」と話した。

 同センターによると、予定していた女王蜂の標本展示は中止し、代わりに環境省が提供する別のセイヨウオオマルハナバチの標本を展示する予定だという。

最終更新:5/19(金) 7:55

産経新聞