ここから本文です

拳四朗同名焼肉店「けんしろう」で祝勝会だ 入場曲にアニメ北斗の拳OP曲

デイリースポーツ 5/19(金) 6:02配信

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(20日、有明コロシアム)

【写真】拳四朗の相手は3世代ボクサー 調整に余念なし

 ボクシング・トリプル世界戦の調印式が18日、都内で行われた。日本人五輪金メダリスト初の世界王座獲得を目指す村田諒太(31)は大舞台を「楽しみたい」と超前向きだった。比嘉大吾(21)、拳四朗(25)と世界初挑戦トリオが全員勝ち、同日、名古屋で行われるWBO世界ライトフライ級タイトルマッチで田中恒成(21)=畑中=が防衛に成功すれば、日本ジム所属の現役世界王者は史上最多の13人となる。

 拳四朗が「けんしろう」での祝勝会プランを披露した。趣味が食べ歩きという25歳は霜降りステーキ500グラムを平らげるほどの牛肉好き。世界王者となったご褒美として、後援会から東京・西麻布にある自身と同名の焼き肉店に連れて行ってもらう約束をしている。

 父でもある寺地会長から漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウにちなんで名付けられた。「『北斗の拳』の世代の方は覚えやすいと思うけど、もっとたくさんの方に知ってもらえたらうれしい」。入場曲はもちろんクリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」だ。

 初の世界戦を前にしても緊張とは無縁。おっとりとした語り口で「当日は気合を入れて圧勝します。世界のベルトを取って父に恩返し…あっ親孝行ですね」とほほ笑んだ。だが、童顔の挑戦者はリングでひょう変する。

最終更新:5/19(金) 7:13

デイリースポーツ