ここから本文です

ワウリンカ、全仏前に自信喪失?イタリア国際8強逃し弱気発言

AFP=時事 5/19(金) 9:25配信

【AFP=時事】テニス、イタリア国際(Internazionali BNL d'Italia 2017)は18日、男子シングルス3回戦が行われ、大会第3シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka、スイス)は世界24位のジョン・イズナー(John Isner、米国)に6-7(1-7)、4-6で敗戦。試合後には、自信の欠如など弱気な言葉が口からこぼれた。

【写真】バックハンドを打つワウリンカ

 2回戦ではブノワ・ペール(Benoit Paire、フランス)にフルセット勝ちを収めていた世界3位のワウリンカは「自信やリズムが欠けているときに、ペールやイズナーといった選手と対戦するのは理想的ではない」と語った。

「試合序盤に彼のサーブをブレークするチャンスがいくつかあったが、彼を追い込みきれなかった。自分のテニスと体調に問題はない。しかしながら、自信というものはすぐに失うことができてしまう。でも戦い続けるよ」

 2015年の全仏オープンテニス(French Open 2015)王者を破ったビッグサーバーのイズナーは次戦、ベスト4進出を懸けて第6シードのマリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)と対戦する。

 チリッチは同日、第9シードのダビド・ゴフィン(David Goffin、ベルギー)を6-3、6-4のストレートで下している。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:5/19(金) 9:44

AFP=時事