ここから本文です

教育ローンが過去最高 その理由は? 沖縄公庫16年度

5/19(金) 9:48配信

琉球新報

 沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は18日、2016年度の教育ローン融資実績を発表した。件数は前年度比14%増の2378件、金額は同13%増の26億9900万円で、件数・金額共に過去最高となった。同公庫は「(教育ローンの)周知活動を強化したことや県内の進学率が上がっていること、継続的な制度の利用者がいることなどから増加につながった」と分析している。


 家庭の経済負担軽減や離島地域の人材育成などを目的に、貸付利率などを優遇する「利率特例制度」の利用件数は前年度比25%増の1347件、同制度を活用した融資額は同24%増の15億100万円で、共に過去最高となった。

 利用内容を項目別で見ると、離島居住者を対象に利率を0・9%低減する特例が前年度より71件増えて278件、母子家庭や父子家庭の利率を0・4%低減する特例が115件増えて641件だった。ひとり親家庭の親の学び直しを支援するため、16年度から新たに設けられた「教育ひとり親利率特例」は7件。

 17年度には、子どもが3人以上の多子世帯を対象にした特例も創設されている。同公庫は「沖縄のニーズに合った特例もあって、今後も利用者は増えることが予想される」と話した。

琉球新報社

最終更新:5/19(金) 9:48
琉球新報