ここから本文です

“虎キラー”中日・荒木が猛打賞!阪神戦今季打率・400

サンケイスポーツ 5/19(金) 7:00配信

 (セ・リーグ、阪神1-2中日、9回戦、阪神5勝4敗、18日、甲子園)虎キラーを襲名だ。中日の連敗を「3」で、虎の連勝を「4」で止めたのは荒木だ。同点の八回一死からこの日3本目となる安打を左中間に放つと、二塁へヘッドスライディング。続く平田の二塁打で勝ち越しのホームを踏んだ。

 「好走塁? 二塁にはいかなきゃダメでしょう。(勝てて)よかった。よかった」

 これで阪神戦の今季の打率は・400(30打数12安打)。本人は「たまたま」と素っ気なかったが、森監督は「荒木で勝ったんだ。いいムードをつくってくれた」と、39歳の底力に感謝した。

 通算2000安打まであと12本。こちらも「まだ考えていない」と無関心を装った。まだ借金は11ある。個人記録よりチームの勝利が最優先。「先は長いですから」-。すでに明日へ気持ちを切り替えていた。

最終更新:5/19(金) 8:55

サンケイスポーツ