ここから本文です

伏兵・小野田享也が「65」 今平周吾と首位を並走

5/19(金) 18:19配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 2日目(19日)◇城陽カントリー倶楽部(京都府)◇7037yd(パー71)

1500人のギャラリー増 咳止まらぬ宮里藍はアンダーパー発進

14位から出たツアー未勝利の25歳・小野田享也が2回の3連続を含む8バーディ、2ボギーとし、この日のベストスコア「65」でプレー。今平周吾とともに通算6アンダーで首位に並び、リーダーボードトップで週末へと折り返した。

小野田は2014年にプロ転向。昨年末のファイナルQT(予選会)で21位に入り、今季前半戦の出場権を手にした。今季は3試合目の出場。3年前のプロ転向から、レギュラーツアーは通算5試合目となる。

2打リードの単独首位から出た今平は、前半インで2つ落としながらも、後半に4バーディを集めて「69」。ツアー初優勝へ絶好のポジションで決勝ラウンドに駒を進めた。

通算3アンダーの3位にデービッド・ブランスドン、マシュー・グリフィン、ブラッド・ケネディ、カート・バーンズの豪州勢と、今季不振の高山忠洋の5人が続く。

48位から出た17歳アマの杉原大河が「67」と伸ばし、通算2アンダーの8位タイに急浮上。ツアー記録に並ぶ3試合連続優勝がかかる宮里優作は、通算5オーバーの55位で辛くも決勝ラウンドに進んだ。

<主な順位>
順位/スコア/選手名
1T/-6/小野田享也、今平周吾
3T/-3/デービッド・ブランスドン、マシュー・グリフィン、ブラッド・ケネディ、カート・バーンズ、高山忠洋
8T/-2/杉原大河(アマ)、谷口徹、松村道央、小池一平

55T/+5/宮里優作、チョ・ビョンミン ほか