ここから本文です

京大総長式辞にボブ・ディランは「著作権侵害」 JASRACからの電話報じられ大荒れ

J-CASTニュース 5/19(金) 18:36配信

 京都大学の山極寿一総長が2017年4月に入学式に行った式辞を同大学がホームページに掲載したところ、日本音楽著作権協会(JASRAC)から著作権料の請求が来たというニュースが出て、ネット上では大荒れになっている。

 総長は16年にノーベル文学賞を受賞した米歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を使って、これからの人生の指針を学生に説いていた。ネット上では「商業利用じゃねーだろ」といったJASRAC批判が出ている。

■京大「特に対応はしていません」

 J-CASTニュースが2017年5月19日に京都大学に取材したところ、一週間ほど前にJASRACから、

  「文章の中にボブ・ディランの歌詞が載っていますよ。JASRACに承諾等の手続きがいりますよね」

という電話があり、電話の主の名前と担当部署、電話番号が告げられた。同大学広報は、

  「どうしてそういうことになるのか、説明がなかったため、どうすればいいか検討しようがないのが現状です。そのため特に対応はしていません」

ということだった。

 京大は17年4月7日に入学式を行い、入学した2930名を前に山極総長が式辞をした。その全文が同大のHPに掲載されている。総長はボブ・ディランの代表曲「風に吹かれて」の歌詞を使って、

  「どんな反発があろうと、とっぴな考えと嘲笑されようと、風に舞う答えを、勇気を出してつかみとらねばならないのです」

と語った。歌詞は訳詩とともに、HPに掲載された式辞の中にそれぞれ10行載っている。全文に占める割合は1割程度だ。JASRACはこれを問題にしたのだ。京都新聞は17年5月19日配信の電子版で、

  「入学式の式辞について、JASRACがウェブ上に掲載した分の使用料を京大に請求していることが18日、関係者への取材で分かった」

と報じたため、ネット上では「またカスラックか!」と批判が噴出し、

  「式辞で歌詞を引用って、商業利用じゃねーだろ」
   「そんなこと言い出したら、歌詞になってる色んな日本語が全部言えなくなるわ」
   「横暴すぎる。もうヤクザじゃん」
   「京大出の弁護士相手に喧嘩売るのか。怖いもの知らずだな」

などという書き込みが掲示板に出て、大荒れになった。

 ただ、同大広報によれば、JASRACからはHP上の式辞を指摘されただけで、使用料の請求や、支払うための手続きの案内は無かったという。J-CASTニュースがJASRACに確認したところ、電話したことは認めたものの、「請求はしていない」という答えだった。

1/2ページ

最終更新:5/19(金) 18:45

J-CASTニュース