ここから本文です

岡山で起業体験プログラム「スタートアップウィークエンド」初開催  /岡山

みんなの経済新聞ネットワーク 5/19(金) 10:00配信

 岡山市の広告代理店「ビズ・クリエイション」(岡山市北区今3)の社屋で6月2日から3日間、起業体験イベント「スタートアップウィークエンド」が、岡山で初開催される。(岡山経済新聞)

スタートアップウィークエンドについて話す藤田さんと初谷さん

 同イベントは、米シアトルで始まり、全国25都市で毎週どこかで行われているという。アイデアを形にして起業するまでを疑似体験できるイベント。1チーム5・6人が、岡山ゆかりの起業家たちからアドバイスをもらいながら具体的なビジネスプランを組み立てていく3日間。

 発起人であり運営者の藤田圭一郎さんは、エンジニア・デザイナー・クリエーターのためのシェアハウス「ギークハウス岡山」のオーナーでもあり、酒販店、ウェブデザイン会社の経営者でもある。

 「企業を目指している人だけでなく、普段こんな商品やサービスが欲しいと考えてしまう人、仲間と何かをやり遂げたい人、起業するつもりはない会社員や主婦でも参加可能」と幅広く参加を呼び掛けている。

 コーチは、岡山出身の音楽サービス開発運営するクレオフーガの西尾周一郎さん、会場提供もしているビズ・クリエイションの初谷昌彦さん、インキュベーションセンター「アートインク津山」の運営などを手掛けるレプタイルの丸尾宜史さんなどが参加予定。

 初谷さんは「岡山にベンチャー企業が生まれる土壌をつくっていきたい。夢を現実にできる場所と仲間が増えれば、投資家も注目する場所となり、岡山はもっと面白い場所になる」と話す。

 開催時間は、2日=18時~21時、3・4日=9時~21時。料金は、一般=7,500円、学生=5,000円(共に5食付き)。定員は45人程度。参加申し込みは、専用サイトより。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/19(金) 10:00

みんなの経済新聞ネットワーク