ここから本文です

【韓国】ミロク情報サービス、フィンテックで地場と提携

NNA 5/19(金) 11:30配信

 財務・会計システムや経営情報サービスの開発・販売を手掛けるミロク情報サービス(MJS、東京都新宿区)グループは17日、フィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)事業の拡大に向けて韓国のブリリアンツTS(BRTS)および韓国NFCと資本提携を結んだと発表した。
 MJSはBRTS、NFCに3億円ずつ出資し、それぞれ発行済み株式の約14%、約23%を取得する。子会社のMJSファイナンス&テクノロジーを含めた4社の技術やノウハウを融合してフィンテック分野のサービス開発・提供を加速する。
 BRTSとは、複数のクレジットカードやポイントカードを1枚に統合する「マルチスマートカード」サービスで提携。BRTSのマルチスマートカード技術を用いたサービスを大手カード会社などを通じて2017年末までに日本で開始する。
 また、NFCが独自開発した「Phone2Phone決済」を用いた簡単決済サービスをアジアで開始する計画だ。Phone2Phoneはスマートフォンなどモバイル端末同士を接触させて決済するシステム。既存の読み取り機を導入する必要がなく、コストの削減が期待できる。MJSの関係者はNNAに対し、「まずは日本で開始し、その後、東南アジアなどスマホが普及する一方で決済インフラが整っていない国や地域での導入を目指す」と話した。
 MJSはフィンテック事業を未来の有望事業として力を入れており、2020年までにグループ売上高を約倍増の500億円、経常利益率30%の達成を経営目標に掲げる。

最終更新:5/19(金) 11:30

NNA