ここから本文です

ЯeaLからYurikaが脱退を発表、今夜リーダーRyokoがツイキャスで生メッセージ配信

エキサイトミュージック 5/19(金) 18:15配信

人気TVアニメ『銀魂.』オープニングテーマに大抜擢されスマッシュヒットを記録した最新シングル「カゲロウ」を収録した5月10日にリリースの1stアルバム『19.(ナインティーン ピリオド)』がiTunesロックチャートのTOP10にチャートインするなど、ブレイクの兆しをみせている大阪発のティーンズガールズバンド、ЯeaL(リアル)。ギター&コーラスのYurikaがバンドを脱退することが、ЯeaLのオフィシャルサイトにて発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

脱退の理由としてYurikaは「今年20歳になるいま、幼少期からのもうひとつの夢に向かって進みたいと強く思ったからです」とコメント。5月27日(土)大阪BIG CATを皮切りに行われる初の全国ワンマンライブツアーをもって、Yurikaはバンドを脱退する。

この脱退発表を受け、リーダーであり、ЯeaLの全楽曲の作詞作曲を手掛けるヴォーカル&ギターのRyokoが、本日22時より自身のツイキャスにて、生メッセージを配信することも合わせて発表となった。14歳から青春放ったらかしでバンドに明け暮れてきたというЯeaL。今回のYurika脱退について、今後のЯeaLについて、何が語られるのか。ぜひRyokoからの生のメッセージをチェックしよう。

■Ryoko公式Twitter(ツイキャス)
2017年5月19日(金)22:00~


≪コメント≫
■ЯeaL
ЯeaLを応援して頂いている皆様へ

この度、1st album「19.」のリリースツアーをもって、
Gt/Cho:YurikaがЯeaLを脱退することになりました。

1st albumを発売した直後であり、初めての全国ワンマンツアー前に、
このような発表をすることになってしまい、ごめんなさい。

楽器もできない、曲も作れない、そんな14歳の4人が始めたЯeaLは、
青春放ったらかしでバンドに明け暮れ、
たくさんの時間を共にし、たくさんぶつかりながら走ってきました。
そうやって培ってきた4人の絆は、家族や友達をも超える深いものです。

だからこそ、Yurikaから脱退したいと話しがあった時は、
正直すぐには受け止められず話し合いを重ねました。
でも、彼女の次へ向かおうとする意思は固く、今回の決断に至りました。

ファンの皆様には急なご報告になってしまい、本当に心苦しい気持ちでいっぱいですが、
今出来る精一杯のライブと結成から5年間の思いを乗せて、
ワンマンツアー4公演、10代最後のツアーをこの4人で駆け抜けたいと思いますので、
パリピで応援団長のYurikaを、明るく楽しく見送って頂けたら嬉しいです。

そしてツアーが終わってからもЯeaLは走り続けます。
これからも変わらぬ応援をよろしくお願いします。

■Yurika
今回は突然のご報告になってしまい
本当にごめんなさい。

私は「19.」ワンマンツアーをもって
ЯeaLを脱退することになりました。

今年20歳になるいま
幼少期からのもうひとつの夢に向かって進みたいと
強く思ったからです。

それは、バンドを結成したときから
メンバーにも話し、持っていた夢でしたが
バンドをやっていくにつれ
ЯeaLがとても大切な存在になっていたので
この結論に至るまで
何度も何度も考えました。

結成してから5年間
本当に色んな経験をさせていただいて
ものすごく幸せだったと感じています。

今まで見守ってくださって
本当にありがとうございました。

5/27から始まり6/25のツアーファイナルまで
一本一本最大級の想いを込めて
全力で演らせていただきます。

最後にワンマンツアーで
皆様にあえることを楽しみにしています。

最終更新:5/20(土) 18:00

エキサイトミュージック