ここから本文です

ミサイル基地で建設活動=北朝鮮

時事通信 5/19(金) 7:38配信

 【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は18日、北朝鮮北西部・東倉里のミサイル基地「西海衛星発射場」の最新の人工衛星画像を公開した。

 新しい道路や観測施設が建設され、発射台付近では掘削が行われていることが分かった。ただ、新たなエンジン燃焼試験やミサイル発射実験の明確な兆候はないという。画像が撮影されたのは4月22日。

 発射場では過去数カ月間、新たな道路の建設が続いている。 

最終更新:5/19(金) 9:35

時事通信