ここから本文です

【ドイツ】自動車部品ZF、ルーマニア社の事業買収へ

5/19(金) 11:45配信

NNA

 独自動車部品大手ZFフリードリヒスハーフェン(Friedrichshafen)は16日、ルーマニアのエンジニアリングサービス企業ビースピード(BeeSpeed)の自動車部門を買収することで合意した。ビースピードは過去10年間にわたり、ZFのブレーキシステム事業で提携してきた経緯がある。取引額は明らかにされていない。
 今回の取引は、両社が交わした投資・事業協力協定の一環。ビースピードは自動車部門を2018年初めまでに分社化する予定で、2019年1月1日付でZFの傘下に入る。買収後、エンジニア75人はZFに移管され、ビースピードの自動車部門の責任者が引き続き、事業を主導する。
 ビースピードは1994年の創業。西部ティミショアラ(Timisoara)に本拠を置き、自動車産業向けと水処理産業向けに事業を展開する。一方、ZFはルーマニアでティミショアラに安全システム、東部ロマン(Roman)にエアバッグの生産拠点を構えている。[M&A][労務]

最終更新:5/19(金) 11:45
NNA