ここから本文です

錦織 8強逃がし全仏シード8位以内ピンチ

5/19(金) 12:04配信

東スポWeb

【イタリア・ローマ18日(日本時間19日)発】テニスのイタリア国際、男子シングルス3回戦で世界ランキング9位の錦織圭(27=日清食品)は2009年全米オープン王者で同34位のフアンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)に6―7(4―7)、3―6のストレートで敗れ8強入りを逃した。

 錦織は右手首の不安を感じさせない戦いで2回戦を勝ち上がったが、この日は第1セットの第1ゲームでいきなりブレークを許す展開。何とかタイブレークに持ち込んだものの、リオ五輪銀メダルの実力者のフォアハンドをしのげずに落とした。第2セットも主導権はデルポトロ。錦織は第3ゲームでブレークを許すと、その後も相手サーブを崩せなかった。

 錦織は「ショットが全般的に浅かった。最悪の試合ではなかったが、要所で足りないところがあった。思うようにいかなかった」。4強入りした昨年の結果に届かなかったことでポイントは減少。22日発表の全仏オープン(28日開幕)のシード順でも、準々決勝まで上位選手と当たらない8位以内をキープできるかは微妙だ。

最終更新:5/19(金) 12:04
東スポWeb