ここから本文です

カンヌ最高賞に輝くレア・セドゥ主演『美女と野獣』地上波初放送!今夜

5/19(金) 16:30配信

cinemacafe.net

エマ・ワトソン主演によるディズニー実写版も大ヒット中のフランスの民話を、発祥の地であるフランスがドイツと合作して実写映画化した『美女と野獣』が、5月19日(金)今夜の「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送される。

この記事のほかの写真

同作といえば、1991年に公開されたディズニー・アニメーション映画やこのアニメ版をベースに上演され超ロングランを記録したブロードウェイミュージカル、また現在国内興収70億円を突破する大ヒットのディズニー実写版などのイメージが強いが、元々は1740年に出版されたフランスの民話が原作。発祥の地ともいえるフランスでは1946年にジャン・コクトー監督によって映画化されており、今夜放送されるのはそれ以来久々にフランスで作りだされた“2014年版”の『美女と野獣』となる。

6人兄姉の末っ子として育った優しく聡明な女性・ベル(レア・セドゥ)は、父(アンドレ・デュソリエ)が船の難破事故でせいで破産したことから一家で田舎に引っ越すことに。ある日、すべてを失った父は雪深い山の中で迷い、誰もいない古城にたどり着く。城の中で食べ物や飲み物、装飾品の数々を見つけ、つい手を伸ばしてしまったうえ、ベルの土産へと庭に咲いていた美しいバラを手折った瞬間、城の主である野獣(ヴァンサン・カッセル)が現れ、バラを盗んだ代償として命を差し出せと宣告される。

逃げたら家族を殺すと言われ、1日の猶予を与えられた父は家族にすべてを打ち明ける。ベルは自らの責任を感じて父の身代わりになることを決意。一人で城に到着した彼女を迎えたのは豪華なドレスと贅沢な食事。ベルは自分の命と引き換えに家族を助けてほしいと野獣に訴えるつもりだったが、野獣は何故か毎日夕食を共にすることだけを要求する…なぜ、王子は野獣になってしまったのか。ベルは王子の悲しい過去を少しずつ紐解いていく……。

ベルを演じたレア・セドゥはその演技力と美しさが認められ、カンヌ国際映画祭史上初となる“主演女優へのパルム・ドール(最高賞)”に輝いた。フランスならではの美しい映像で描かれるベルの冒険の物語をお見逃しなく。

エマ・ワトソン主演による実写版も現在全国公開中。

国内では吹き替えキャストに昆夏美、山崎育三郎らを迎え4月21日に公開されるとこれまでに国内興収は70億円を突破、100億も視野に入っている状況。全世界興収も1,210億円を超えて2017年の世界興行収入トップとなっている。

“母国”フランスならではの表現で描かれたもう1つの『美女と野獣』は「金曜ロードSHOW!」で5月19日(金)今夜21時~地上波初放送。

最終更新:5/19(金) 16:30
cinemacafe.net