ここから本文です

「OneNote」が新しいデザインに ~アクセシビリティ・ナビゲーション・一貫性を重視

Impress Watch 5/19(金) 7:43配信

 米Microsoft Corporationは18日(現地時間)、公式ブログ“Office Blogs”で、デジタルメモソフト「OneNote」のデザインをアップデートしたことを明らかにした。Windows 10、Mac、iOS、Android、Webの各プラットフォームに対し、今後数週間にわたって順次展開される予定。

【この記事に関する別の画像を見る】

 新しい「OneNote」のデザインは、アクセシビリティの向上、ナビゲーションの簡素化、プラットフォーム間での一貫性の3つに重点を置いて開発。ノートブック・セクション・ページという階層構造を明確にして画面左のサイドペインにまとめたほか、キーボードショートカットやスクリーンリーダーでナビゲーションが快適に行えるように配慮されている。

 また、PCやタブレット、スマートフォンでユーザーインターフェースを統一することにより、プラットフォームによるデザインの差異に煩わされることなく利用できるようになった。デバイスの多様性により、状況に応じてラップトップやペン入力デバイスを使い分けたり、学校と自宅で利用するデバイスを切り替えたりするケースが増えているが、それにいち早く対応した格好だ。

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:5/19(金) 7:43

Impress Watch