ここから本文です

200万種類を超える「キシリトールガム」パッケージを実現するHP印刷技術

アスキー 5/19(金) 16:00配信

ロッテが発売する世界でひとつだけの「キシリトールガム」のパッケージデザインに。日本HPの印刷ソリューションとプリンターが用いられた。

 日本HPは5月19日、同社の印刷ソリューションがロッテ「キシリトールガム」パッケージデザインに活用されたと発表した。
 
 世界にひとつだけの「キシリトールガム」は、5月23日に発売される商品。活躍する20組の20代の若者が同世代と新しい未来を作るプロジェクトとして、それぞれの思い描く未来をパッケージとしてデザイン。絵柄の組み合わせにより、トータルでのパッケージデザインのバリエーションは200万種類以上にも上る。
 
 制作にあたっては、1枚の絵柄から異なる複数のデザインをを自動的に生成する「HP Mosaicソリューション」を採用され、「HP Indigo 20000デジタル印刷機」によって製版不要、可変データ連続印刷を実現した。デジタル印刷からフイルム同士を貼り合わせるといった生産は凸版印刷が担当している。
 
 世界でひとつだけのキシリトールガム<Xミント>は14粒、120円(税別)。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:5/19(金) 16:00

アスキー