ここから本文です

松戸・東漸寺でアンティーク市と手作り市 地元産野菜の販売や飲食店出店も /千葉

みんなの経済新聞ネットワーク 5/19(金) 11:15配信

 東漸寺(松戸市小金)で5月27日、「あんてぃーく市と手づくり市 in 北小金 東漸寺」が開かれる。(松戸経済新聞)

ハンドメードのアクセサリーを販売する店舗

 4月で1周年を迎えた同イベント。前回4月22日の市に続き、1周年記念第2弾として来場者に「Chiesa」の「特製玄米あんぱん」を進呈する。

 「手づくり市」を主催する浮須優子さんは「パンや焼き菓子をケータリングカーで販売している『Chiesa』は、あちこちのイベントでも根強いファンを持つ店。あんパンは数量限定なので希望の方は早めに来場してほしい」と話す。

 会場では、アンティーク品、ハンドメード作家の作品のほか、地元産野菜や飲食の販売も行う。浮須さんは「11時から北小金駅前のアジアンカフェ『ヒラモティ』がカレー弁当やネパール風焼きそばの販売をする。会場には休憩用のテーブルとイスも用意する」と話す。

 「東漸寺の長い参道にアンティーク品や古道具を売る店や手作り作家の店が並ぶ。散策も兼ねて市を楽しんでほしい」と来場を呼びかける。

 開催時間は9 時~15時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/19(金) 11:15

みんなの経済新聞ネットワーク