ここから本文です

淀城跡公園のハス、カメ食害で激減 京都、外来種捕獲へ

京都新聞 5/19(金) 17:00配信

 京都市伏見区の淀城跡公園で、初夏の風物詩だった堀のハスの花が激減している。外来種のミシシッピアカミミガメによる食害が原因とみられ、地元の淀観光協会が近く、本格的な捕獲作戦に乗り出す。協会は「かつての風情を何とか復活させたい」としている。
 淀城のハスは、1723(享保8)年に関東から移植されたのが始まりと伝わる。1989年度の石垣修復工事の影響でいったん激減したが、92年から協会が植栽を実施。毎年初夏には薄ピンク色の花が堀一面に咲き、市民や観光客の目を引きつけていた。
 しかし、協会によると、5年ほど前から花が減少し始め、近年は堀の西端で咲くだけになっていた。外来種による環境への影響を調査していた京都府保健環境研究所が昨年5月、この堀で大量のアカミミガメを確認し、今年4月に協会へ対策を要請した。協会がハスの復活に向け、捕獲を行うことになった。
 5月12日に府が調査でわなをしかけたところ、わずか4時間で28匹のアカミミガメが捕獲され、集まった地元住民を驚かせた。外来種のカメによるハスの被害は彦根城(彦根市)や篠山城(兵庫県篠山市)など全国でも多発し、問題化している。府保環研の獣医師多田哲子さん(59)は「アカミミガメは繁殖力が強く、誰かが逃がしたカメが食い荒らしたと思われる。おそらく相当の数が生息している」と話す。
 淀観光協会の藤田佳則会長(67)は「昔は水面が見えないぐらいに花が咲いていたが、今は寂しい限り。まさかカメが原因だとは思わなかったが、なんとか江戸時代をしのべるような姿を取り戻したい」と意気込んでいる。
 捕獲作戦は地元住民も参加し、6月に始める予定。公園を管理する市に加え、府も機材の貸し出しなどで協力する。

最終更新:5/19(金) 17:00

京都新聞