ここから本文です

【ボクシング】村田 あごヒゲはゲン担ぎ「ガードしてくれそう」

5/19(金) 15:55配信

東スポWeb

 WBA世界ミドル級王座決定戦(20日、東京・有明コロシアム)で対戦する同級2位の村田諒太(31=帝拳)と同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)が19日、都内で前日計量を行い、ともに200グラムアンダーの72・3キロでパスした。

 これで試合前にやることはすべて終えた。スープを飲んでひと息ついた村田は「ホッとしています」と話した。

 計量をパスすると約15秒間、どちらからするでもなく自然な流れで互いの顔を突きあわせた。

 下品な“メンチ合戦”ではなく、ラスベガスなど本場の興行ではおなじみのシーンだが、村田は落ち着いてエンダムを観察していた。

「昨日(18日の調印式)と比べて絞ってきているように見えましたね。体は全体的に僕の方が大きいと思いました」。

 歴史的な一戦がいよいよゴング間近となったが「こんなに落ち着いてて、いいのかな? って感じです」とリラックスした様子だ。

 アゴのひげがだいぶ長くなってきたが「試合もこのままでやります。なんとなくガードしてくれそうな気がするんで、最近のゲン担ぎですね」とのこと。

 その後レストランで食事をすませ、関係者の顔を見つけると「明日はブチかまします」と、笑顔で宣言して部屋へ引き上げた。

最終更新:5/19(金) 17:14
東スポWeb