ここから本文です

<カンヌ映画祭>「無限の住人」公式上映 木村さんら登場

毎日新聞 5/19(金) 10:35配信

 【カンヌ木村光則】フランスで開催中の第70回カンヌ国際映画祭で現地時間18日夜(日本時間19日)、アウト・オブ・コンペティション部門で日本映画「無限の住人」の公式上映が開かれた。メイン会場の「パレス・デ・フェスティバル」に、タキシード姿の三池崇史監督と主演の木村拓哉さん、着物姿の杉咲花さんが登場。終演後、満員の観客から3人にスタンディングオベーションで大きな拍手が送られた。

 2004年の映画「2046」以来13年ぶりのカンヌとなった木村さんは「会場のお客さんたちが上映中から拍手や笑い、驚きの声をそのまま表現してくれて素晴らしかった」。また三池監督は「劇場そのものが映画を後押しして心地よい時間を過ごすことができた。監督としてこれ以上の幸せはない」と語った。

 「無限の住人」は沙村広明さんの時代劇漫画が原作。不死身の人斬り・万次が両親を殺された少女・凜の敵討ちのために猛者たちと闘うアクション映画。

最終更新:5/19(金) 10:35

毎日新聞