ここから本文です

健太郎、初主演「デメキン」撮影現場で見せた座長としての気迫と覚悟

5/19(金) 19:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]俳優の健太郎が長編映画初主演を果たした「デメキン」の撮影現場が、2017年2月末に千葉・君津市のアクアスタジオで報道陣に公開された。クランクアップ間近だった撮影の合間を縫い、健太郎が取材に応じた。

【フォトギャラリー】「デメキン」撮影現場写真

 同作は、お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が自らの不良時代をつづった小説を実写映画化。10年からは「ヤングチャンピオン」(作画:ゆうはじめ)で漫画版が連載され、コミックが累計発行部数170万部を突破した人気作だ。幼少期からギョロっとした二重まぶただったために“デメキン”と呼ばれ、周囲からいじめられていた佐田正樹が、福岡最大勢力の暴走族を率いる総長へと登りつめるさまを描いている。「アルカナ」「猫侍」の俊英・山口義高監督がメガホンをとり、「14の夜」で健太郎とタッグを組んだ足立紳が脚本を担当している。

 撮影現場を度々訪れていた佐田本人から「(当時の)リアルな気持ちを教えてもらった」という特攻服姿の健太郎は、身も心も“伝説の総長”そのもの。「佐田さんが楽しく生きてきた人生をないがしろにしてはいけない」という強い思いを抱えながら、キャラクターと同化していった。「正樹はただ強いだけではなくて、人を惹きつける魅力があるんです。だから総長にもなれたはず」と分析し、演技をするうえで「愛らしさを重視しました。ケンカをした後に見せる笑顔を大事にしています」と語っていた。

 一方、佐田という実在の人物を演じながらも、健太郎がつくり上げたのはあくまで「デメキン」という世界で息づくオリジナルの“佐田正樹”。「佐田さんでいようとは思ったんですが、僕が演じる“佐田正樹”でありたいとも思っていたんです。劇中の出来事を実際に体験した佐田さんが抱く感情と、自分が正樹を演じる中で感じたものは別物。自分の感情は大事にしたいと思って演じました」と告白していた。

 この日の撮影は、正樹が率いる福岡連合と、宿敵のチーム・蝉魔竜の全面対決を描くクライマックスのシークエンス。薄汚れた椅子やドラム缶が至る所に配置された廃墟を舞台に、両陣営が肉弾戦を繰り広げる劇中屈指のアクションが展開された。本番直前、健太郎は同チームのメンバーである高橋里恩や田中偉登らに「行くぞ!」と叫んで気合を注入。それまで和気あいあいとしながら待機していたキャストたちの表情が一気に引き締まった瞬間だった。

 両陣営がズラリと横並びになってメンチを切りあう一色触発の場面では、山口監督の「殺し合いです。鬼の表情でお願いします」という掛け声がスモークのたかれた室内に響き渡った。やがて約7秒間にも及ぶ罵り合いの末、健太郎の飛び蹴りを合図に大乱闘が勃発。ボルテージが最高潮に達していた健太郎らは、スタッフが何度も「カット!」の声をかけても動きを止めないほど、凄まじい気迫を見せつけていた。

 本格的なアクションに初挑戦した健太郎は「監督から、アクション練習当初から話があった通り、泥臭い感じにしたかった。がむしゃらに互いを追いかけて、当たればいいというパンチを繰り出す」ということを意識したという。そして「カメラのポジションで殴る場所が変わる」「カットがかからなかったら続けなくてはならない」といったことを学び「綺麗に動きが決まった時は本当に気持ちがいいんです。今後もアクションはやっていきたいです」と意欲をみなぎらせていた。

 そして「自分たちの意見を尊重してくれる方で、それぞれのキャラクターをしっかりと理解してくれていた」と初めてタッグを組んだ山口監督へ尊敬の念を込める。「この場面ではこういうセリフを言いたいと提案させてもらったり。もちろん間違っていたら指摘してくださるんですが、撮影を進めるうちに足されていったセリフが結構あるんです」と裏話を披露してくれた。

 同世代のキャストたちと固い絆を築き上げた撮影を振り返り「本当に終わりたくない」と何度も呟いていた姿が印象的だった健太郎。「大変だったことはないんですよ。全てのシーンが印象に残っています。総長という役柄もありますが、誰にも気合だけは負けたくなかった。その意識で皆を引っ張っていけたらと考えていました」という発言が象徴するように、初めて挑んだ“座長”としての覚悟が全身からにじみ出ていた。

最終更新:5/19(金) 19:00
映画.com