ここから本文です

サッカー=プレミア、レスター大敗 岡崎は前半で交代

ロイター 5/19(金) 10:32配信

[18日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは18日に1試合が行われ、岡崎慎司の所属する昨季王者レスターはホームでトットナムに1─6の大敗を喫した。先発出場した岡崎は前半のみのプレーで交代となった。

トットナムはエースのハリー・ケインが大活躍。前半に1ゴールを決めると、後半にはハットトリックを達成し、さらに1点を追加。今季リーグ戦の得点数を26に伸ばし、ロメル・ルカク(エバートン)の24を抜いて得点ランクトップに立った。

好調のソン・フンミンもケインのゴールをアシストし、自身も2得点を決めた。

試合後、ケインは「少なくても1ゴールか2ゴールを決めたかったし、(得点王争い)を最終ゲームまで引っ張りたかった。私が優位な状況にあるが、まだ1試合残っている。私が得点王になり、(GKの)ウーゴ・ロリスがゴールデングローブ(最多完封GKに贈られる賞)を取れたらいい」と話した。

最終更新:5/19(金) 10:32

ロイター