ここから本文です

ケイン4ゴールでレスターを粉砕…岡崎は前半のみの出場に/プレミアリーグ第34節延期分

GOAL 5/19(金) 5:37配信

■プレミアリーグ第34節 レスター 1-6 トッテナム

レスター:チルウェル(59分)

トッテナム:ソン・フンミン(25分、71分)、ケイン(36分、63分、88分、90+2分)

プレミアリーグ第34節延期分が18日に行われ、レスター・シティとトッテナムが対戦した。

すでに残留を決めたレスターと、2位を確定させているトッテナムの一戦。順位は確定させているものの、昨シーズンは優勝を争った因縁があるだけに、負けられない戦いとなる。また、前節にマンチェスター・シティを相手にスーパーゴールを決めた岡崎慎司は3試合連続の先発出場となった。

序盤こそレスターがFWジェイミー・バーディーの抜け出しから決定機を迎えるも、ボールの出所を抑えられ、基本的にはトッテナムが絶えず攻撃を仕掛け続けた。すると25分、ソン・フンミンがロングフィードに抜け出して、クロスを上げるとハリー・ケインが巧みに足に当て、ネットを揺らす。

さらに36分、今度は中央からトッテナムが崩す。デレ・アリの浮き球をソン・フンミンがボレーで合わせ、2-0とした。

レスターは前半にほとんど見せ場がなかった岡崎慎司を下げて、イスラム・スリマニを後半から投入し、反撃を試みる。

勢いを取り戻したレスターはしっかり得点という形につなげる。59分、バーディーが裏に抜けだしたところをGKウーゴ・ロリスが処理。しかし、こぼれ球を拾ったレスターは、ベン・チルウェルが押し込んで、1点を返す。

一時的にトッテナムを押し込んだレスターであったが、反撃にさらされる。右サイドのクロスからファーサイドビクター・ワニアマが折り返すと、フリーのケインが頭で再びリードを2点差とした。

さらに地力の差を見せるトッテナム。カウンターからムサ・シソコが右足で力強い突破を見せると、ソン・フンミンにボールを届ける。この日キレキレのソンは運びながら、シュートコースを見つけると、右足でミドルシュート。コースを突いたシュートにカスパー・シュマイケルの腕は届かず、トッテナムが4点目を挙げた。

なおも、勢いを緩めないトッテナムは、得点王を狙うケインにボールを集める。すると分、ドリブルからレスターDFの股を抜くシュートで、ハットトリックを決めるチーム5点目。ケインはリーグ戦ゴール数を25とし、得点ランキングのトップに立った。

さらにケインはアディショナルタイムにも圧倒的なシュートセンスを見せつけて、4点目。6-1とし、レスターを敵地で完璧に粉砕した。

GOAL

最終更新:5/19(金) 5:38

GOAL