ここから本文です

武田鉄矢「水戸黄門」の助さん・格さんは20代前半

スポーツ報知 5/19(金) 5:03配信

 10月からBS―TBSでレギュラー放送に復活する「水戸黄門」で、水戸光圀役・武田鉄矢(68)に次ぐ重要キャストである『助さん・格さん(佐々木助三郎・渥美格之進)』のキャストが18日に発表された。助さんに財木琢磨(24)、格さんに荒井敦史(23)が決定。ともに20代前半の超フレッシュなお伴となった。

 助さん役の財木は「決まった時は、ただ信じられませんでした。子供の頃おじいちゃんと一緒に観ていたドラマでしたから、おじいちゃん孝行出来たかな。ご老公役の武田鉄矢さんは、地元福岡の大先輩で、大スター。共演できる事を嬉しく凄く光栄に思っています」。格さん役の荒井は「幼い頃、祖父母と一緒にテレビで見ていて、印籠を出す真似をしていました。まさか、自分が格さんを演じる日が来るとは思いませんでした」と、それぞれ意気込みを語った。

最終更新:5/25(木) 10:19

スポーツ報知