ここから本文です

デジタル・リアルティ、同社初となる国内データセンターを開設

Impress Watch 5/19(金) 11:41配信

 米国のデータセンター事業者であるDigital Realty Trust(以下、デジタル・リアルティ)は17日、同社の日本で初となる「第一大阪データセンター」を開設した。クラウドプロバイダーやコロケーションを主なターゲットとし、ラックあたりの電力供給量や床荷重などでクラウドプロバイダーに対応した設計になっているという。あわせて、第二大阪データセンター建設用に、隣接した土地を購入したことも発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同日、オープニングセレモニーとともに、記者説明会と、記者向け見学会が開催されたので、本稿ではその様子をお届けする。

■クラウド事業者などの高密度なラック構成に耐える設計

 第一大阪データセンターは、大阪の中心商業地区から20キロ圏内の茨木市にあり、敷地面積は約8600平方メートル、データセンターの建物が約8300平方メートル。

 総電力供給は7.6メガワット。ラックが入るフロアは3フロアあり、1フロアあたり2.4メガワットの電力を供給。ほか別館に0.4メガワットを供給する。

 1ラックには電力8キロワットを供給し、床荷重が2トン/平方メートルと、クラウド事業者などの高密度なラック構成に耐えるように設計したという。

 こうした設計について、デジタル・リアルティ CEOのA. William Stein氏は、記者説明会で「次世代型のデータセンター」と表現した。同社では「既存データセンターとは競合しない」と考えているという。

 Stein氏はデジタル・リアルティ自身についても説明した。デジタル・リアルティはデータセンターのコロケーションや接続で2300社を超える顧客を抱え、世界中にサービスを提供しているという。「顧客は、クラウド事業者やIT事業者、金融、製造業、ゲーム、ライフサイエンス、コンシューマー向けなど、多岐にわたる」とStein氏。

 また、日本事業開発担当バイスプレジデントの太田康文氏は、デジタル・リアルティについて、市場価値で約2兆円、企業価値で約2.9兆と説明。世界で145データセンターを、30を超える都市圏に持ち、約200万平方メートルのデータセンターフロアを提供しているという。アジア太平洋地域では、シンガポール、香港、豪州(シドニー、メルボルン)にデータセンターを持つ。ちなみに同社はニューヨーク証券取引所ではREITに分類されている。

 Stein氏は大阪データセンター開設の背景として、アジア全域でデータセンター需要が高まっていることを挙げ、「グローバルな企業は、よりローカルな顧客や企業の近くにインフラを拡大する」とそのニーズを語った。

 同時に用地購入が発表された第二大阪データセンターは、隣接する土地(箕面市)に、最大2万3000平方メートルで建設する予定。総電力供給も27メガワットと、第一の3倍強となる。電力消費のPUEは約1.2で計画(第1は1.3)。1フロアに5つのホールを設け、3層で計15ホールとなるという。

■ラックを入れはじめたデータセンター内を見学

 見学会では、まだほとんどラックが設置されていないデータセンターの様子が見られた。

 現在テナントとして2社が実際にラックを入れているところだという。ラックは顧客が用意し、自由にレイアウトできるようになっているとのことだ。

 工事中なので、ラックを立てる予定の場所や、そこに設けられた床下から冷気を吹き上げる口なども見ることができた。

クラウド Watch,高橋 正和

最終更新:5/19(金) 11:41

Impress Watch