ここから本文です

<佐倉綾音>「どうしても譲りたくない!」 僕のヒーローアカデミア・お茶子役への熱い思い

まんたんウェブ 5/20(土) 11:00配信

 テレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」(読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後5時半)で麗日お茶子(うららか・おちゃこ)の声優を務める佐倉綾音さん。同役のオーディションを受ける際は「どうしても譲りたくない!」という強い思いを持って臨んだという。佐倉さんに役や作品への思いを聞いた。

【写真特集】可愛すぎると話題の佐倉綾音 写真を一挙公開

 ◇お茶子のような女の子になれたら!

 アニメは「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の堀越耕平さんのマンガが原作。人口の約8割が超常能力“個性”を持つ世界を舞台に、主人公のデクこと緑谷出久(みどりや・いずく)が、最高のヒーローを目指す姿を描いている。佐倉さんが演じるお茶子は、偉大なヒーローを輩出してきた雄英高校で、デクのクラスメートになる女の子。明るい性格で、デクのよき理解者となる。

 佐倉さんにとってお茶子は「どうしても譲りたくない!という役」だったという。「私はネガティブな性格なので、オーディションを受ける時に期待をしないクセがついている。でも、このキャラをほかの人がやるのはイヤ、いくぞ!と気合を込めた。マネジャーさんに『決まった』と教えてもらった時、交差点のど真ん中だったのですが、大喜びしました。公衆の面前ではしゃぐのは、恥ずかしいのですが」と笑いながら思いを語る。

 お茶子は“男らしさ”もあるヒロインだ。人当たりがよく、裏表のない性格で、強敵にも立ち向かう熱い心を持っている。佐倉さんは「ただ可愛らしいヒロインではなく、芯が強く、男らしい面もある。自ら行動する、意志の強さがすごく好きだったんです。ネガティブな自分から見ると、ポジティブなところがまぶしい。お芝居だけでも、こんな女の子になれたら!という気持ちがあったのかもしれませんね。お茶子は超絶美人!というタイプではないですよね。がさつなところもあったり、そういうところが、共感できるのかもしれません」と、その魅力にひかれたという。

 また「僕のヒーローアカデミア」という作品に対しても「前向きな世界に感動しました。純粋に元気をもらいました。ポジティブな言葉で泣ける作品はなかなかないです」と熱い思いがあったようだ。

1/2ページ

最終更新:5/20(土) 11:00

まんたんウェブ