ここから本文です

吉祥寺にブリトーとタコスの店「ウィズパディ」 クラフトビールやオーガニックコーラも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/19(金) 14:10配信

 吉祥寺の中道通りに5月3日、ブリトーとタコスの専門店「with PADDY(ウィズパディ)」(武蔵野市吉祥寺本町2、TEL 0422-21-6532)がオープンした。(吉祥寺経済新聞)

 店舗面積は22坪、席数は25席。店長の高橋さんは「ブリトーやタコスはジャンクフードで重たいイメージがあるが、実は野菜たっぷりでヘルシーな料理。本当のおいしさを広めたい」と話す。

 ブリトーとタコスはメインをビーフ、シュリンプ、ポーク、チキン、フィッシュから選べ、レタスやブロッコリースーパースプラウト、トマト、玉ネギ、チーズなど10種類以上の具材も入る。好みに合わせて野菜などを増減することも可能。「たっぷりの野菜や肉でボリューム満点。一つでバランスよく栄養を取れるようにした」と高橋さん。

 メニューを決める上で意識したのは「子どもも大人も安心して食事を楽しんでもらえること」と調理担当の小暮さん。ソフトドリンクには無添加・無加糖のジュースやオーガニックコーラ、オーガニックジンジャーエールなどをそろえる。「仕事終わりの一杯にも立ち寄ってほしい」と、アルコールメニューも用意。サーバーから提供するクラフトビールは週替わりで4種類を提供する。

 メニューはブリトー(900~1,100円)、タコス(500~600円)、トスサラダ(700円)、クラフトビール3種飲み比べ(1,800円)などがあり、全品テークアウトにも対応。

 小暮さんは「まだオープンしたばかり。お客さまの声を参考にしながら、地域に愛される店をつくっていきたい」とも。

 今月の営業時間は11時30分~19時。6月以降は、日曜・祝日=19時まで(翌日が祝日の場合は22時まで)、火曜・水曜・木曜=21時まで、金曜・土曜=22時まで。月曜・祝翌日定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/19(金) 14:10

みんなの経済新聞ネットワーク