ここから本文です

和久井映見、ディズニーランドでスカウトされ芸能界に入った秘話「あさイチ」で告白

スポーツ報知 5/19(金) 10:06配信

 女優の和久井映見(46)が19日放送のNHK総合「あさイチ」(月~金曜・前8時15分)に生出演した。

 和久井は、朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜・前8時)に出演。ヒロインの有村架純(24)が演じる谷田部みね子が就職した向島電気の乙女寮管理人の永井愛子役を好演している。

 和久井は、番組で高校生でスカウトされた当時の秘話を披露した。「ディズニーランドに遊びに行った時に声をかけてもらいました」と明かし、「声をかけてもらった時間帯が花火が上がるような、ちょと暗くなっている時でした。乗り物に乗る時に長蛇の列になるとジグザクに並ぶじゃないですか。それで何度かすれ違っていたみたいです。乗り物に乗りたくて並んでいたんで、ひとまずこれ乗ってからでいいですか」と語ったと振り返った。

 スカウトされた当時の心境は「こういう仕事したいなとずっと思っていた方じゃなかったので、ちょっとビックリしたんじゃないかな」と明かし、「芸能界は全然別の世界だと思って生きてきたと思います」と語った。17歳でデビューしたが当時は芸能界の専門用語なども「全然、まったく無知だった」と話し、すべて現場で体験しながら一つづつ覚えていったという。

 デビュー当時の自分については、「何も分からなかったですから、自分の目の前のことだけしか考えられなかった。今考えると本当に恥ずかしいなと思いながら。今の方がちょっと引いたところで全体の事を見ながら考えるようになったのかと、ちょっとは思いますけど。本当に無我夢中にガムシャラに走ってきたんだなと思います」と振り返った。

 司会の井ノ原快彦(41)から「青春時代は仕事仕事だったんで嫌じゃなかったですか」と問われると、和久井は「嫌じゃなかった。決して嫌ではなくてずっと続けて、こうしたらいいかなと思いながら進んできました」と、前向きに女優として進んできたことを明かしていた。

最終更新:5/19(金) 10:34

スポーツ報知