ここから本文です

「総理意向」文書、文科省が職員から聞き取り 加計問題

朝日新聞デジタル 5/19(金) 15:17配信

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が獣医学部を新設する計画をめぐり、松野博一文部科学相は19日、内閣府が文科省に「総理の意向」などと対応を求めたとする文書について、担当職員から聞き取り調査をしていると明らかにした。文書に記された自身の発言があったかどうかは明言しなかった。

 聞き取り調査の対象は、大学政策を担当する高等教育局の局長や大臣官房審議官、専門教育課長ら計7人。一連の文書を作成したか、省内で共有したか、などを確認する。松野文科相は、現時点で文書が見つかったかどうかについて、「報告を受けていない」と述べた。

 一方、「大臣ご指示事項」とする文書には、2018年4月の獣医学部開学に関し、「準備が整わないのではないか」と疑問視する松野文科相の発言が記されている。こうした内容について、松野文科相は「(当時の発言を)正確に再現しろと言われると難しいところがある」と話した。

朝日新聞社

最終更新:5/19(金) 15:17

朝日新聞デジタル