ここから本文です

木村拓哉 カンヌで総立ち拍手 「言葉じゃない」と感激

デイリースポーツ 5/19(金) 11:40配信

 フランスで開催中の「第70回カンヌ国際映画祭」に13年ぶりの参加となった元SMAP・木村拓哉(44)が現地時間18日夜(日本時間19日)、レッドカーペットと公式上映に三池崇史監督(56)、女優・杉咲花(19)と共に出席した。ソロ活動後初公開の主演映画「無限の住人」が特別上映枠「アウト・オブ・コンペティション部門」として上映されると約5分間、約2300人からスタンディング・オベーションを受けた。三池監督と初タッグで作り上げた時代劇の反応も上々と笑顔あふれる“ソロ世界デビュー”となった。

 13年ぶりにカンヌ総立ちの拍手を受けた木村は「気持ちで見終わった後の表現をして下さったことに感謝してます。言葉じゃないんですよね。手をたたきながら、どの人を見ても僕らに笑いかけてくれているのが、うれしかった」と広がる歓喜の輪に瞳を輝かせた。

 黒のタキシードに蝶ネクタイ姿で作品を鑑賞した木村は、同様の格好で席に着いた約2300人が上映中も歓声や拍手を送る感情に委ねた鑑賞法に「身の置き方はフォーマルですけど映画の楽しみ方はカジュアル。すごい素敵」。赤色の着物姿の女優・杉咲花(19)や監督とレッドカーペットを歩き、上映会場入りするまで「緊張はあった」が万雷の拍手に心は軽くなった。

 木村のカンヌ映画祭参加は04年の香港映画「2046」以来、13年ぶり。ソロ活動後、初の映画祭となるが、「ソロ活動、初の映画祭とか結びつけは強引すぎて、どうなんだろうと僕は思う」と意識はない。海外の記者からSMAP解散について、「寂しくないの?」と聞かれたといい、「事実は事実。でも、そこをまた自分の中で引きずって居たら歩けなかったと思う」と解散から4カ月半経過した心境も語った。

 今後も役との出会いに感謝しながら演技に全力を傾ける。「一度きりのタキシードもなんなんで、また袖を通せたら」-。歓喜のカンヌを三度味わうことを期待しながら、木村は役者道を突き進む。

最終更新:5/19(金) 11:45

デイリースポーツ