ここから本文です

竹富島のホテルで「いーちょーばーキレイ滞在」 沖縄に伝わる知恵を生かして /沖縄

みんなの経済新聞ネットワーク 5/19(金) 16:56配信

 星のや竹富島(竹富町竹富、TEL 0570-073-066)で7月1日から、「命草(ぬちぐさ)」の一種として親しまれている「イーチョーバー」を使ったプラン「いーちょーばーキレイ滞在」がスタートする。(石垣経済新聞)

「イーチョーバー」は、一般的にはウイキョウ、もしくはフェンネルで知られるセリ科の多年草

 竹富島では、健康に役立つ野菜や薬味を「命草(ぬちぐさ)」と呼んで生活の中に取り入れてきた歴史がある。同プランでは、古くから島で使われてきたイーチョーバーと、暑さを快適に乗り切る南国ならではの知恵を取り入れ、疲れ気味になる夏の体調のケアを目指す。

 プランの内容は、同ホテルの命草園でイーチョーバーなどの好きな香りの「命草」を収穫し、塩とすり混ぜ布でくるんで塩湿布を作り、体に当てて温める「命草塩湿布」、朝日の中のプールで行う水中瞑想(めいそう)浴と朝摘みの島ハーブを使ったオイルトリートメントで施術する夏限定のスパメニュー「朝の島時間」、イーチョーバーと夏野菜のケークサレ、五穀米のスープドポワソン、完熟パインとイーチョーバーのヨーグルトスープで構成する「夏バテ知らずのイーチョーバー島ブランチ」などで、2泊3日のプログラムとなる。

 現在、予約を受け付けている。料金は5万1,500円(税・サービス料10%別、宿泊費別)。提供期間は9月30日まで(8月10日~20日を除く)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/19(金) 16:56

みんなの経済新聞ネットワーク