ここから本文です

新幹線長崎ルート、レールなどの工事計画を認可 国交省

朝日新聞デジタル 5/19(金) 15:41配信

 国土交通省は19日、九州新幹線長崎ルート(武雄温泉―長崎)のレールや信号などの工事計画を認可した。在来線特急と同じホームでの対面乗り換えを可能にする武雄温泉駅の増強工事も含まれている。同省外郭団体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構が申請していた。

 用地の取得や高架橋などの工事はすでに認可済みで、事業費はあわせて計約5009億円。国交省の有識者会議が示していた事業費の見込みは5千億円で、同省は「想定通り」(鉄道局)としている。開業は2022年度の予定だ。

朝日新聞社

最終更新:5/19(金) 17:27

朝日新聞デジタル