ここから本文です

トヨタ、日産、ホンダなど燃料電池車普及で協業へ

ITmedia ビジネスオンライン 5/19(金) 15:46配信

 トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業など11社は5月19日、燃料電池車(FCV)向け水素ステーションの本格整備に向けた協業を検討すると発表した。年内に新会社を設立し、水素ステーションの整備・運用を進めたい考えだ。

 2020年度までに水素ステーション160カ所の整備とFCVの4万台普及を掲げる官民目標の実現に向け、普及のネックになっている水素ステーションの本格整備をオールジャパンで加速させる。

 11社はトヨタ、日産、ホンダのほか、JXTGエネルギー、出光興産、岩谷産業、東京ガス、東邦ガス、日本エア・リキード、豊田通商、日本政策投資銀行。

 FCVはトヨタが「MIRAI」、ホンダが「FCX」を販売しているが、水素ステーションは全国約90カ所程度しかなく、普及のネックになっている。

最終更新:5/19(金) 15:46

ITmedia ビジネスオンライン