ここから本文です

「時計の針戻すな」=「共謀罪」採決で国会前

時事通信 5/19(金) 12:15配信

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の衆院法務委員会での採決を控えた19日午前、国会前には廃案を訴える数百人が集まり、「強行採決、絶対反対!」と絶叫。

 思想・信条の自由に関わる問題だとして、「戦前に時計の針を戻すな」と声を上げた。

 東京都品川区の無職辻喜資さん(67)は、法案は言論弾圧に利用された治安維持法に似ていると指摘。「政権批判をするだけで捜査の対象になりかねない」と危機感を示し、「『東京五輪のテロ対策に必要だ』と言うが、だしに使っているだけだ」と訴えた。 

最終更新:5/19(金) 12:32

時事通信