ここから本文です

金沢の中心部にハリネズミと触れ合えるカフェ 北陸で初、4種類でお出迎え /石川

みんなの経済新聞ネットワーク 5/19(金) 18:01配信

 金沢の中心部・竪町商店街に5月8日、「カフェ・はりねずみ つんつん」(金沢市片町1、TEL 076-221-2252)がオープンした。(金沢経済新聞)

【パノラマVR】竪町商店街にオープンした「カフェ・はりねずみ つんつん」

 店舗面積は約20坪で、テーブル4卓16席、カウンター4卓8席を設ける。各卓にハリネズミが入ったケースが設置されており、北陸では初のハリネズミと触れ合えるカフェとして話題を呼んでいる。

 店主の谷口栄理子さんは自身もハリネズミをペットとして飼育しており、「ハリネズミはトゲトゲしいイメージもあるが、慣れるとトゲを出さずに懐(なつ)いてくれる。愛嬌(あいきょう)のある顔もとてもかわいく、皆さんに魅力をしってもらいたい」と話す。オープンに当たり親交があった「謎屋珈琲(コーヒー)店」(安江町)の郷司峰義さんにコンサルタントを依頼。店のコンセプトづくりやプロデュースを手掛けてもらった。

 料金は時間制で、月曜~金曜=30分880円、土曜・日曜=同1,080円(共にドリンク代込み)。設置しているドリンクディスペンサーで自由に飲み物を飲むことができる。店内にいるハリネズミは「ノーマル」、茶色い毛並みの「ブラウン」、白みがかった「シナモン」、2色以上の毛が交じった「パイド」の4種類。何度か足を運んだ客には生体の販売も行う。

 谷口さんは「明るくかわいい店内で、写真を撮ったり触れ合ったりして癒やされてほしい。ハリネズミ用のおやつも販売しているので、食べている姿も楽しんでもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は14時~20時(土曜・日曜は11時~)。水曜、第1・3火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/22(月) 10:30

みんなの経済新聞ネットワーク