ここから本文です

籠池前理事長を告訴=補助金不正受給の詐欺容疑―森友学園問題で・大阪府

時事通信 5/19(金) 12:51配信

 学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する塚本幼稚園(同市淀川区)が大阪府の補助金約6186万円を不正に受給したとして、府は19日、学園の籠池泰典前理事長に対する詐欺容疑の告訴状を大阪地検特捜部に送付した。

 
 森友学園をめぐる問題で、行政機関が刑事告訴するのは初めて。特捜部は籠池前理事長ら関係者から事情聴取し、実態解明を進める。籠池氏は、小学校建設に関して国の補助金を不正受給したとして、補助金適正化法違反容疑で告発されている。

 府教育庁は職員の出勤簿や給与台帳などを調査。その結果、森友学園に2011年度から16年度の6年間に交付した幼稚園の専任教員に対する補助金のうち、勤務や給与の支払い実態が確認できなかったり、系列の他の保育園と兼任したりした籠池前理事長夫妻を含む延べ25人分の計約3442万円を不正受給と判断した。

 また、障害児など特別な支援が必要な園児向けの補助金についても、特別支援教育を実施していないのに申請するなどして、計約2744万円を不正受給したと指摘。

 府は17日に調査結果を公表した際、補助金の不正受給額は計約6100万円としていたが、新たに特別支援教育の補助金1人分の不正申請が分かり、被害額に加えた。 

最終更新:5/19(金) 19:16

時事通信