ここから本文です

<兵庫県立美術館>ベルギー展開会式 恐ろしくもユーモラス

毎日新聞 5/19(金) 19:02配信

 「ベルギー奇想の系譜展~ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」(毎日新聞社など主催)が20日、兵庫県立美術館(神戸市中央区)で始まる。19日は開会式と内覧会があり、約200人が招待され、恐ろしくも時にユーモラスな絵画作品などに見入った。

 罪や死への心象を表す「奇想」をテーマに約120点を展示。開会式で井戸敏三知事は「ベルギーの作品のユニークさを感じてほしい」とあいさつ。毎日新聞大阪本社の若菜英晴副代表らがテープカットをして開幕を祝った。

 7月9日まで。月曜休館。入館は午前10時~午後5時半(金、土曜は午後7時半まで)。一般1500円。同館(078・262・0901)。【松本杏】

最終更新:5/19(金) 19:02

毎日新聞