ここから本文です

中国の「犬肉祭」に規制 動物保護団体など国内外から批判受け犬肉販売が禁止に

5/19(金) 18:20配信

ねとらぼ

 中国の玉林市では毎年6月夏至の時期に、犬料理を食べる「狗肉茘枝節」が行われています。俗に「犬肉祭」と呼ばれるこの行事には近年国内外から批判が相次いでおり、今年は政府がレストランや業者による犬肉の販売を禁じる決定を下しました。動物保護団体のHSI(HUMANE SOCIETY INTERNATIONAL)が伝えています。

【画像】市場へ輸送される犬

 中国における犬食は紀元前から続く文化ですが、犬肉祭は伝統行事でなく、2010年に犬肉業者が発案したキャンペーンとHSIは指摘。近年玉林市では行事の期間中に1万~1万5000匹もの犬が殺されて3000匹以下に減少、しかも殺された犬のほとんどが盗まれたペットだとしています。

 地元でも行事への賛否は割れており、中国国営新華社通信の世論調査では、中国人の約半数が犬肉の売買を全面禁止してほしいと回答しています。アメリカのアルシー・L・ヘースティングス下院議員が売買禁止を中国に求める決議案を提出するなど、海外からも批判の声が。WHO(世界保健機関)からも、犬肉マーケットとコレラや狂犬病の伝染との関連性が指摘されています。

 HSIは2016年に犬肉祭の中止を求める運動を行い、1100万の署名を集め玉林市当局に申請。さらに市場の犬を保護し里親を募っています。こうした活動は、今回の政府決定に影響しているとみられます。

 禁止令の施行は、行事の1週間前となる6月15日から。違反者には最高10万元(約160万円)の罰金が課されます。規制は一時的なものであり、HSIは犬肉売買の永久禁止を求めて活動を続けています。

最終更新:5/19(金) 18:21
ねとらぼ