ここから本文です

<ボクシング>井上尚弥、5度目防衛戦へ調印式

毎日新聞 5/19(金) 19:33配信

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチ(21日、東京・有明コロシアム)の調印式が19日、東京都内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は、同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)と対戦する5度目の防衛戦に向け「ボクシングの魅力の全てを伝えられるような試合をしたい」と意欲を語った。

 3度目の防衛を目指す国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(大橋)は「ベストを尽くしたい」と、同級暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)との王座統一戦への思いを語った。【飯山太郎】

最終更新:5/19(金) 19:33

毎日新聞