ここから本文です

豪国税庁副長官、息子が巨額脱税容疑で逮捕され窮地に

ロイター 5/19(金) 17:22配信

[シドニー 18日 ロイター] - オーストラリア警察が300人の捜査員を投入してシドニー各所で税金詐欺の一斉摘発を行ったところ、詐欺やマネーロンダリング容疑で逮捕されたのは豪国税庁(ATO)のマイケル・クランストン副長官の息子とその友人8人だった。

警察は、現時点では、クランストン副長官は犯罪計画については何も知らなかったとみているが、来月に予定される公判には出廷を命じられている。

警察によると、脱税規模は1億6500万豪ドル(約137億円)と巨額で、オーストラリアにおけるこの種の犯罪では過去最大規模だという。一斉摘発の結果、100万豪ドルの紙幣、25台を超える車、2機の飛行機、バイク12台、銃や宝石、希少ワインなどを押収した。

アダム・クランストン容疑者らは、経営する給与支払い代行会社から多くの子会社に資金を移し、その過程で税金逃れを働いたとみられる。

最終更新:5/19(金) 17:22

ロイター