ここから本文です

<ボクシング>田中恒成、計量パス「挑戦者のつもりで」

毎日新聞 5/19(金) 19:37配信

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチ(20日、名古屋・武田テバオーシャンアリーナ)の調印式と前日計量が19日、名古屋市であり、王者の田中恒成(21)=畑中=はリミットより100グラム軽い48・8キロ、対戦相手で同級1位のアンヘル・アコスタ(26)=プエルトリコ=は48・9キロでいずれも1回でパスした。

 戦績は田中が8戦全勝(5KO)、アコスタが16戦全勝(16KO)でともに負け知らず。調印式で田中は「一回からスリルな展開になると思う。挑戦者のつもりで思い切ってやっていく」と意気込み、アコスタは「タイトルを取って母国に帰るだけ」と王座奪取への自信を強調した。【藤田健志】

最終更新:5/19(金) 19:37

毎日新聞