ここから本文です

スマホの緊急速報と連動、天気も教えてくれる防災LEDライト「MAmoria it」

ITmedia LifeStyle 5/19(金) 18:54配信

 今回紹介する「MAmoria it」(マモリア アイティー)は、地震の揺れを感知して自動的に点灯するLEDライトだ。緊急速報メールがスマホに転送されるとブザーが鳴る機能や、天気を知らせる機能を搭載しているほか、ホルダーから外せばハンディライトとしても使える。

赤に点灯したら晴れ

●Bluetooth対応でスマホと連携可能

 Bluetooth対応のLEDライトというと、スマホを使って調光や調色を行える照明器具を思い浮かべる人が多いと思うが、今回紹介する「MAmoria it」はひと味違う。このライトは地震の揺れを感知して自動的に点灯する防災用のライトで、スマホと連携させた状態で、緊急速報メールがスマホに配信されると、ブザーと光で知らせる機能を搭載している。ホルダーから外して手に持てば、ハンディライトとしても使用可能だ。

 このほか、毎日定時になるとライトで天気を知らせる機能も搭載している。防災対策として有効なだけでなく、普段使いも可能なこの製品、日頃から大地震の発生に不安を感じている筆者にはなんとも魅力的で、auショップで先行発売していたので思わず買ってしまった。価格は3980円(税別)。

●感震装置が付いたホルダーに本体をセット

 この製品は、LEDライト本体とホルダーに分かれており、電源はLEDライト本体に単三形乾電池を2本使用する。ホルダーには感震装置が搭載されており、揺らすとカタカタと音がする。なお、ホルダーには電源は不要だ。

 重量は本体が約140g(電池含む)、ホルダーが約75g。LEDライトとしては握りが少々太く、重量もある。本体デザインは水滴のような形をしており、スライド式の電源スイッチと、ライトを点灯、消灯させる押しボタンスイッチの2つを搭載しているほか、上部にはスピーカーと思われる細かい穴が空いている。

 背面は電池カバーになっており、こちらに単三形乾電池を収納する。自分が購入したものは、電池カバーのしまりが悪く、外れてしまったことが何回かあった。

 底面はLEDライトの発光面となっている。明るさについては、ハンディライトとしては少々非力さを感じるが、緊急用としては十分に使えると思う。ホルダーにはドッキングピンが2つあり、ここにLEDライトの窪みを合わせながら設置する。この状態で、震度4クラス以上の振動を検知すると自動的にライトが点灯する仕組み。ライトの点灯時間は約30分間となっている。

●天気情報を知らせる機能も搭載

 冒頭で触れたように、「MAmoria it」はBluetoothによりiPhone/Androidスマートフォンと連携させることが可能だ。ペアリングした状態でスマートフォンに災害速報が転送された場合、自動的に照明装置が30分間点灯し、ブザーが1分間、鳴る仕組みになっている。

 なお、iPhoneで使用する場合、緊急速報メールを受け取れる設定になっていることが必要。また、Androidスマートフォンでは、ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileの4キャリアの標準防災アプリを使用できることが条件だ。ペアリングは専用アプリをApp StoreまたはGoogle Playからインストールし、アプリ上で機器登録をすることで完了する。

 緊急速報情報のほかに、現在地の天気を「MAmoria it」のLEDで知らせる機能も搭載しており、アプリ上でLEDが点灯開始する時刻や点灯時間、今日と明日のどちらの天気を表示するかを設定できる。LEDの色は、晴れの場合は赤、曇りの場合は白、雨の場合は青、雪の場合は黄緑となる。

 また、「MAmoria it」にスマートフォンをタッチするか、「MAmoria it」のボタンを長押しすると、「お天気カレンダー」をスマートフォン上で見ることもできる。この場合に表示するポイントは、現在地のほかに別の場所を登録することもできる。ただし、LEDでの天気表示については現在地以外の場所を指定することはできない。

●日常生活でも使える防災用ライト

 緊急速報メールのテスト機能がアプリに搭載されているので試してみると、ブザー音とともにLEDが点灯した。ブザー音は「ピー」という甲高い音で、これなら寝ているときでもすぐに気付くだろう。

 天気を知らせる機能についても、出かけるときにチラッと光の色を確認するだけで今日の天気が分かるので便利だ。1つ気になったのは乾電池駆動という点。電池が減ってくるとアプリに通知が表示されるが、いちいち交換するのは少々面倒。災害発生時のことを考えると、入手しやすい乾電池を利用可能なのは安心だが、できればホルダーにセットすると自動的に充電できるようにしてほしかった。

 上記の点に納得できるのであれば、天気のお知らせ機能が付いて日常生活でも使える防災用ライトとしておすすめだ。いざというときにいち早く地震を察知できる機器として、寝室やリビングルームに置いておくと安心だろう。

最終更新:5/22(月) 15:03

ITmedia LifeStyle