ここから本文です

「この世界の片隅に」30分短縮で制作費1億5000万円削減

デイリースポーツ 5/19(金) 15:11配信

 昨年11月に公開され、現在もロングラン上映が続いているアニメ映画「この世界の片隅に」の真木太郎プロデューサー(61)が19日、都内で行われた映画プロデューサーをたたえる「藤本賞」の授賞式に出席し、同作が当初は150分の大作になる予定だったことを明かした。真木氏は丸山正雄プロデューサーとともに特別賞を受賞。スピーチで制作の苦労を語った。

 最大の問題はやはり資金集めだったという。映画の企画をさまざまな会社に持ち込んだが、なかなか制作費は集まらなかった。当初は150分の作品になる予定で、制作費は4億円必要だった。しかし、企画を実現するために制作サイドを説き伏せ、120分に“短縮”。制作費を2億5000万円までに“縮小”した。

 それでも苦しい状況は変わらなかった。「片渕須直監督から『集められるんですか』と言われて、『はい』と答えたんですが、その後のスタジオから会社までの帰り道が長かったですね」と振り返った。

 状況が好転したのは、一般の個人から資金を集めるクラウドファンディングを実施して以降だった。3374人から約3900万円の資金を集めることに成功。制作費を出してでも作品を見たがっている“観客”が多く存在すると数字で証明できたことで、その後の資金集めがスムーズになったという。

 真木氏は「お客さんが何を見たいのか、ということを考えて仕事をしてるんだけど、そこが実はそれほどはかり切れてないと思いました」と自戒の念を込めて語った。6年の歳月をかけて完成した作品は63館の小規模で上映がスタート。口コミで評判が広がり、観客動員は190万人を超え、興行収入は25億円を突破するという大ヒットとなった。真木氏は「お客さまの求めてるものを作るのが作り手の使命と感じました」と思いを新たにしていた。

最終更新:5/19(金) 15:21

デイリースポーツ