ここから本文です

大統領、辞任を拒否=議会で弾劾請求の動き―ブラジル

時事通信 5/19(金) 15:11配信

 【サンパウロ時事】ブラジルのテメル大統領は18日、記者会見を開き、国営石油公社の大型汚職事件をめぐり不正に関与したとの疑惑を全面否定し、「私は辞めない」と繰り返した。

 ただ、野党などからの辞任要求圧力が高まっており、窮地を乗り切れるかは不透明だ。

 不正疑惑をめぐっては、複数の与野党議員がテメル氏の弾劾を議会に請求。テメル氏を批判して、閣僚の一人が辞任する事態にも発展した。18日のサンパウロ株式市場は急落し、取引が一時停止されるなど政治、経済両面で大きな影響が出ている。 

最終更新:5/19(金) 17:02

時事通信