ここから本文です

87歳町長が公用車で通院=最高齢、「やむを得ず」と容認―香川・綾川

時事通信 5/19(金) 16:10配信

 現職首長で最高齢の香川県綾川町の藤井賢町長(87)が、運転手付きの公用車で通院や墓参りに行っていたことが分かった。

 総務課は取材に対し「健康面でサポートするため、公務の合間のやむを得ない場合に限って容認している」と説明している。

 町によると、藤井町長は2015年から高齢を理由に運転を自粛している。運行記録が残る16年4月以降、公用車で町内の病院に5回通院。同12月には約30キロ離れた同県観音寺市まで、大平正芳元首相の墓参りのために使ったという。

 町は「原則は公務での使用に限られる。しかし公用車の利用規定はなく、どこまで容認するかの基準も設けていない」と話している。 

最終更新:5/19(金) 16:15

時事通信