ここから本文です

光州事件式典、最大規模で 文大統領「憲法に精神盛る」

産経新聞 5/19(金) 7:55配信

 【ソウル=桜井紀雄】韓国南西部、光州(クァンジュ)で18日、1980年の民主化運動を軍が鎮圧し、多数の犠牲者を出した「光州事件」の追悼式典が開かれた。左派政権が民主化の原点とする事件で、昨年の3倍を超える約1万人が出席するなど、文在寅政権の誕生に伴って過去最大規模で挙行された。

 文大統領は、式辞で「多くの犠牲と献身で達成された民主主義の歴史に自負心を持つべきだ」と述べた。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾を求めた昨年のデモに当時の民主化運動が再現されたとし、「文政権は光州の民主化運動の延長線上にある」と強調した。光州の民主化運動の精神を憲法前文に盛り込むともし、改憲への国民の賛同を求めた。事件の徹底解明も約束した。

 式典では、大統領の指示で、出席者による追悼歌「あなたのための行進曲」の斉唱も行われた。この曲は国家の否定につながるなどとして保守派が反発し、李明博(イ・ミョンバク)政権時代の2009年から出席者全員が歌う必要のない合唱曲に格下げされていた。

 光州事件では、政府発表で193人が死亡し、弾圧を主導したなどとして、全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)両元大統領が有罪となった。

最終更新:5/19(金) 7:55

産経新聞